ウーマン

ナプキンのかぶれはムレが原因かも!ナプキンを見なおそう

対策の5つのポイント

お尻

ナプキンによるかぶれ対策では、衛生面・通気性・吸湿性・発散性・摩擦の刺激をチェックしましょう。紙ナプキンで衛生面を考える場合は、頻繁に交換する程度の対策になります。一般的には紙ナプキンでの交換は2時間ごとですが、かぶれの症状を抱えているのなら1時間ごとに交換を行なうのも良いでしょう。それでも紙ナプキンでかぶれを引き起こす人は、布ナプキンを取り入れてみると良いでしょう。布ナプキンはパイルやリネン、ネル素材やコットンなど柔らかく肌への摩擦や刺激が少ない素材で作られています。またデリケートゾーンに触れる部分にステッチがないので摩擦による刺激が少ないのもあります。また、摩擦の刺激が低いだけでなく、ムレにくいので雑菌の増殖が減ります。衛生面もよくなります。それによって布ナプキンの交換目安は3時間ごとの交換が目安になっています。3時間ごとに、きちんと交換して利用しましょう。またかぶれは経血や体液が触れているところでも起きやすいので、ウォシュレットなどがあれば、しっかり洗って水分を拭き取って、血や汚れを残さないようにすると良いでしょう。経血がこびりつくアンダーヘアを処理しておくのもかぶれ対策には有効です。ムレにくくもなり、清潔に保つことができるので取り入れてみると良いでしょう。脱毛の際には、医療機関での脱毛がオススメです。生理前後は避けて行なうとトラブルが少ないので、生理が来る前に行なっておきましょう。