ウーマン

ナプキンのかぶれはムレが原因かも!ナプキンを見なおそう

通気性の高い素材選び

ボディ

ナプキンかぶれでは、通気性の高い布ナプキンがオススメです。通気性が高いのがコットンやリネンです。これらは自然素材で作られています。生地の特性としては通気性が高く、触り心地も柔らかなことが挙げられます。下着やナイトウェア、ハンカチ等に使われる生地で、吸湿性と発散性も高い素材です。ムレにくいので、ナプキンかぶれの対策にも効果的です。汗やムレを吸収して発散するので、着心地も良い布ナプキンになります。かぶれでは雑菌など菌の繁殖が問題なので、ナプキンかぶれの際は、衛生的に保つことが重要です。コットンやリネンは洗濯がしやすく、リネンには抗菌効果もあります。こうした特性を持つ布ナプキンを取り入れることで、かぶれの軽減をしましょう。悪化しないように環境を整えたら、かぶれや痛みのケアをしておくことが必要です。ケアでは市販のデリケートゾーンのかゆみケアを利用するか、クリニックで軟膏を処方してもらうようにしましょう。アルコールが使われていないものが低刺激で良いでしょう。かぶれはナプキンやムレが原因になる以外にも、カンジタなどの病気が影響していることもあります。自己判断する前に、まずはクリニックで、性病やカンジタなどにかかっていないかも確認しておくようにしましょう。重要なのは、チェックしてから適切な対処を行なうことです。デリケートゾーンのトラブルを解消するには、念のためにきちんとクリニックに相談してから、対処方法を取り入れると良いでしょう。